Untitled

小中学生22人、大人28人が参加しました。町田宗鳳先生の「ありがとう禅」

025.JPG

心も体も鍛えたら丈夫になる。

くよくよしないで、ちょっとのことは辛抱しよう、親に甘えるのも遠慮して、私も頑張るぞ~という気持ちが大切。心と体が強くなると、頑張り屋さんになれる。体は毎日努力して鍛えていたら丈夫になれる。勉強も同じ。自分はできない、自分はだめだと思わないで、

043.JPG

自分の夢を実現するにはどうしたらいいか?

答えは一つだけ・・自分を大好きになること。自分が自分を大好きだったらいいことがたくさん起きる。学校の成績なんて関係ないのよ。人がなんと言ってもいいのよ。言わせておけばいい。自分を嫌い、だめだと思わないで。自分が大好きなら夢は実現する。

073.JPG

自分にありがとう

何のためにありがとうを唱えるか・・・自分が自分を大好きになるため。まず、背中をまっすぐにして呼吸法の練習。鼻から吸って、ちょっと止めて、吐く(お腹がへっこむくらいに)。次にハミングでありがとうをできるだけ長く唱えてみよう。目を閉じて、胸に手を当てて自分の声の震動を感じてみよう。大きな声で世界一大好きな自分に「あ~り~が~と~う~」(5分)

080.JPG

家族にありがとう

家族、お父さん、お母さん、兄弟、おじいちゃん、おばあちゃん、一人ひとりを思い浮かべて「あ~り~が~と~う」を言います。目を閉じて、合掌して口を大きく開けて。

112.JPG

地球にありがとう

全員で手をつないで輪になります。まんまるの地球を思い描いて、地球にありがとうを言います。

122.JPG

一生懸命に心を集中するのが大事

104.JPG

ありがとうは心のお薬

ありがとうを大きな声で唱えるだけで、倍音から高周波音になる。脳がリラックスして、脳波がベーター波からアルファー波に変わり、集中する状態になる。
悲しいこと、悔しいことがあったら、「あ~り~が~と~う~」と言ってみてね。すぐに元気になるよ!


参加者の感想

子どもの感想

・「あ~り~が~と~う」の勉強ができてよかったです。(新倉希望小3)
・お話がおもしろかったです。(石澤ちな 小3)
・話を聞いてぼくもお風呂で水を浴びました。(浜篤史 小6)
・いろんなところ(学校など)にウソのありがとうもあるけど、また今度もやってみたい。(小3)
・貴重な体験をありがとうございます。(新倉優羽 小5)
・心が落ち着きました。来てよかったです(中1女子)

大人の感想

・最後に皆で手をつなぎ「ありがとう」を唱えている時、歌のような音が聞こえたり、目を閉じているのに光の渦のようなものが見れたりして、なんだか心地よい感じがしました。「自分を大好きになる」というお話を家族みんなで忘れないで、毎日を送っていきたいと思います。(新倉)
・町田先生の話を聞いて涙が止まりませんでした。「ありがとう」の時にソプラノのような声が聴こえました。(浜)
・ありがとうといっているうちに体が熱くなりました。(小1母)
・体がびりびりしました。(浦)
・みんなの顔つきが最初と最後では違っていました。大人も子どももいい顔になりました(中3母)
・みんなで輪になっての声の響きが気持ちよかったです。(小6母)
・弟(園児)を連れてきてしまったのですが、一緒になって集中してやっていたのには驚きました。(小5母)
・参加されている親子の皆さんは、もともと意識が高い方々なので美しい場の空気を感じました。(会員)
・「ありがとう」という言葉に集中できて、いろんな人の顔が浮かんだ。体が透明になっていくみたいだった。(清水)

CCI20140122.jpg